世界初「コオロギビール」爆誕、期間限定販売へ

世界初「コオロギビール」爆誕、期間限定販売へ
昆虫食の魅力を探究するANTCICADA(アントシカダ)と、遠野醸造(岩手県遠野市)は、コオロギを原材料に使用した世界初のクラフトビール「コオロギビール/ Cricket Dark Ale」を開発。3月15日から18日まで、渋谷パルコ「COMINGSOON」にて限定販売する。

今回開発した「コオロギビール/ Cricket Dark Ale」は、こだわりの国産コオロギを使って製造したビール(ダークエール)。丁寧に焙煎したフタホシコオロギとローストモルトを麦汁に加え、コオロギの香りとうま味を存分に引き出した。

原料は太陽グリーンエナジー株式会社のフタホシコオロギを使用。コオロギたちは、福島県にあるファームにて、室温・湿度管理を徹底した最適な環境下で、社食のロスで出る野菜などを餌に育てられている。収穫後も、丁寧な洗浄と熱処理を加えているため、安心安全に食べられるという。

気になる「コオロギビール」の味は、「コーヒー、カカオ、カモミールのような香りが先行し、口に含むと苦味とコク、キャラメルの香り。うま味の余韻が長く続きます」とのことだ。

なお、今回のビール造りの過程の中で出るビール粕を、コオロギに与えてみたところ、「彼らの食いつきがよく、収穫したコオロギの味も優れていた」という。そのため、「ビール粕を餌にしたコオロギ」を使用した循環型ビールの開発にも取り組んでいるそうだ。

あわせて読みたい

Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「世界初「コオロギビール」爆誕、期間限定販売へ」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    コオロギは知らんが、キリストはイナゴと蜂蜜を常食していた。毒性さえなければ昆虫も人間にとって蛋白源であることは間違いないな。

    0
  • 失敬 通報

    BSEを連想する。ビール粕にコオロギ入ってなければ良い。便所コオロギを連想する。飲みたい人が飲めば良い。

    0
この記事にコメントする

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月20日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。