山本彩は“年上の垂れ目”好き、現実No.1の男は…
拡大する(全1枚)
歌手の山本彩(26歳)が、4月10日に放送されたラジオ番組「山本彩 カケル」(CROSS FM)に出演。自身が思う“イケメン”像を語った。

番組はこの日、“イケメン”についてトークを展開。山本は「私にとってのイケメンは顔が良いかどうかじゃなく、総合ですよね。あとはタイプかどうか、顔が。顔がイケメンかどうかは関係ないんですよ。男前かどうかは。別に自分が好きな顔だったらみんな好きじゃないですか。ほかの子が『かっこいい』『男前』って言っても、自分がそう思わなかったらそう思わないから」と語る。

そして「私の、好きなのは……最近気付いたのは“垂れ目”ということですね。“垂れ目”の人、かわいいし、かっこいいなぁ、って」と、具体的なイメージを説明。以前は「全然気にしたことなかった」そうだが、「素敵な、いい顔だなと思う人をみんな見てたら“垂れ目”だってことに気付いた」そうだ。

また、山本の好みは年上の男性だといい、「年取るとみんな(目が)垂れる。だからかな、自分より全然年上の人が素敵だと思うんですよ。男女、どっちも。男女ともに垂れるから、そういうことなのかな。年上の方が好きな理由は『目が垂れてるから』。優しそうやからかな?」と分析した。

ほかには「あと耳かな。耳がコンパクトめな、真ん中らへんにある人は結構いいかな。顔の高さに対しての……位置」とも。それは「ここじゃないと嫌ってわけじゃないんですけど、自分もね、ちょっとあるんですよ。右耳が左耳よりちょっと立ってるんですね、形が。前向いてるんですよ、右のほうが左より。それがお猿さんみたいやなと思って。コンプレックスまではいかないですけど、対称やったら良いのにな、って思うんですよ。対称な人間はいないんですけど。自分の気になったら人のも気になってきちゃった、って感じ。耳があんまり前向いてないといいな」と続け、“垂れ目”と“耳”がポイントになることを明かした。