監督は“ウルヴァリンが死ぬこと”に迷いなし
拡大する(全1枚)
ジェームズ・マンゴールド監督は、劇中でウルヴァリンが死ぬことに躊躇しなかったという。

2017年作「LOGAN/ローガン」でメガホンを執ったマンゴールド監督は、ヒュー・ジャックマン演じる同キャラクターが死ぬことに戸惑いはなかったそうで、お互いにこの決定に合意していたそうだ。

マンゴールド監督はComicbook.comにこう語っている。

「最初は、本当に僕とヒューとでね。もし最後の作品になるんだったら、論理的に考えて、地平線へと去って行くか、死ぬかのどちらかで彼の物語の幕引きが必要だ。論理的な推論じゃないか?」
「『シェーン』の結末では、山の方へ向かうんだけど、それが大体において彼がこれまでの映画でしてきたことで、もしくは死ぬ。でも、その選択が足元にあった理由というのは、なんだかの終結が必要だったからだ。もし終わりに向かうなら、結末という感覚が必要だった。ヒューのこれまでの演技や出演作のレガシーを考えると、この役を決定的な方法で(レガシ―に)刻み込みたかった」

また製作会社も同意していたそうで、「率直に言って、製作会社は神経質にはなっていなかったんだ。イベントのように感じていたみたいだ。それは、シンプルなレベルで、他の映画のように華やかさや贅沢なアクションはないけれど、レジェンドの終焉であるという点で必見となるというリアリティをこの映画に与えてくれた」とマンゴールド監督は続けた。