蛭子能収 「レビー小体病とアルツハイマーの合併症」と診断

記事まとめ

  • 蛭子能収が「主治医が見つかる診療所」に出演。
  • レビー小体病とアルツハイマーの合併症であることが判明。
  • 蛭子は仕事を「できる間はずっと続けていきたい」と述べた。

蛭子能収「レビー小体病とアルツハイマーの合併症」と診断

蛭子能収「レビー小体病とアルツハイマーの合併症」と診断
漫画家・タレントの蛭子能収(72歳)が、7月9日に放送されたバラエティ番組「主治医が見つかる診療所」(テレビ東京系)に出演。番組の中で認知症治療の検診を受け、レビー小体病とアルツハイマーの合併症であることが判明した。

蛭子の所属事務所のマネージャーや、蛭子の妻から、「最近もの忘れの症状が進行している感じもある」という意見があり、認知症治療の専門病院で検査を実施。視空間認知の障害が起きており、軽いパーキンソン症候群の兆候、レム睡眠行動障害などが認められたことから、レビー小体病という、3大認知症の1つで認知症が始まっていると診断された。

医師はレビー小体病はだいたいアルツハイマー病と合併していると語ったが、レビー小体病は比較的よく効く薬があるため、朝早い時間のロケや泊まり込みのロケは避け、昼間の仕事は続けていけば認知症の進行を遅らせられる可能性もあるとも述べた。

蛭子は「できなくなったらしょうがないけど、できる間はずっと続けていきたい。できればテレビの仕事の方がいい。楽そうだから」と笑顔で語った。

あわせて読みたい

蛭子能収のプロフィールを見る
Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「蛭子能収「レビー小体病とアルツハイマーの合併症」と診断」の みんなの反応 8
  • 匿名さん 通報

    天気予報士もそうだが、おじさんばっかりで見てて厳しい。食事中も雰囲気悪くなるし。若い人を起用してください!

    4
  • 匿名さん 通報

    完全な認知症患者。仕事にならないだろう?

    2
  • ニャニャー 通報

    蛭子さん、死んだらダメ!無理しないで、ご自愛くださいませ。

    2
  • 匿名さん 通報

    この方は、地方の各地を廻るだけで、何の芸もない 、引退じゃろ。

    1
  • 匿名さん 通報

    そうなんだ、TBSのお陰なんだよね、蛭子先生。テレ東は関係ありませんからね。後出しジャンケンパクリ番組。

    1
この記事にコメントする

「蛭子能収 + 漫画」のおすすめ記事

「蛭子能収 + 漫画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「小倉優子」のニュース

次に読みたい関連記事「小倉優子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「小島瑠璃子」のニュース

次に読みたい関連記事「小島瑠璃子」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月10日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 蛭子能収 漫画

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。