キアヌ・リーブス、ずっとウルヴァリン役やりたかった
拡大する(全1枚)
キアヌ・リーブスは、ずっとウルヴァリン役を熱望していたそうだ。

マトリックス」や「ジョン・ウィック」シリーズで人気のキアヌだが、フランク・ミラー作のマーベル・コミックに登場する「X-Men」のメンバー、ウルヴァリン役に特別な思い入れがあるという。

「ビルとテッド」シリーズ最新作「ビル・アンド・テッド フェイス・ザ・ミュージック」で共演するアレックス・ウィンターと共に、8月24日、シリウスXMラジオの「ヴァーチャル・タウン・ホール」に出演したキアヌは、「ずっとウルヴァリン役をやりたかった」と告白。

しかし、そこでアレックスから「まだ遅くないんじゃない?」と言われると、笑いながら「いや、遅すぎるよ」と首を振り、「今は満足してるから」と続けたが、司会者から「本当に? ウルヴァリンを演じたかったの?」と突っ込まれると、「フランク・ミラーの『ウルヴァリン』? もちろんさ」と返した。

ウルヴァリン役は、ヒュー・ジャックマンが17年間にわたり演じてきたが、2017年作「LOGANローガン」を最後に同役から降板している。