ディーン・フジオカ、朝ドラに続き大河も“五代様”
拡大する(全1枚)
俳優のディーン・フジオカが、2月14日から放送スタートするNHK大河ドラマ「青天を衝け」に、主人公・渋沢栄一と同時代を駆け抜けた実業家、五代才助(友厚)役として出演。ディーン・フジオカの大河ドラマ出演は初めて。

ディーン・フジオカはアジアで人気俳優の地位を確立していたが、日本で注目を集めるきっかけとなったのが、2015年に放送されたNHKの連続テレビ小説「あさが来た」の五代友厚役。

実業家として奮闘する主人公のあさを支えたキーパーソンで、出演当時は視聴者に“五代様”と親しまれ人気急上昇。志半ばに早逝すると、「五代ロス」と呼ばれる社会現象まで起きた。朝ドラと大河で同じ人物を演じることは珍しく、またも話題を集めることになりそうだ。

今回、渋沢栄一の盟友である“五代様”の再来は、「青天を衝け」にどのような新しい風を巻き起こすか注目しておきたいところだ。

☆薩摩藩士 五代才助(友厚)とは…

薩英戦争で捕虜となるも釈放される。長年の長崎遊学から世界情勢に通じており、貿易による富国強兵を唱えて渡英。留学中にパリ万国博覧会の情報をいち早く得て、薩摩藩としての参加を実現し、幕府の威信を落とす。この時、幕府側の一員として参加していたのが栄一だった。後に「西の五代、東の渋沢」と称される実業家となる。