日向坂46・佐々木美玲休養「体動かすと少し危険」で入院
拡大する(全1枚)
アイドルグループ・日向坂46は、メンバーの佐々木美玲(21歳)について、1週間入院・休養すると発表した。

公式サイトに掲載された「佐々木美玲 休養のお知らせ」では、「佐々木美玲に関しまして、健康診断の結果、精密検査を受けたところ1週間ほどの入院が必要と診断されました」と報告。そして「本人と話し合い当面の間治療に専念させていただく事になりました」と説明している。

また、佐々木も公式ブログを更新し、「公式でもお知らせがあった通り、この度少しの期間休養を頂くことになりました。ご心配をおかけしてすみません」とした上で、「正直私自身も驚きました。入院も今までしたことないし。お風呂ってどうするんだろう?とか不思議な感覚です。だってドラマでしか見たことないもん」と胸中を告白。

グループは5月26日の5th「君しか勝たん」発売日に、ヒット祈願のチアリーディングを生配信する予定だが、佐々木は「明日披露するチアもたくさん練習してきたし、色んな方を応援したいし、先生方にもありがとうございますっていうのをチアで伝えたかったのですが、体を動かすと少し危険があるため、会場に行ってみんなの頑張りを観にいこうと思っていたんですが、それすらもできなくなってしまいました、、、」と悔しさを滲ませたが、「せっかく今日まで来たのに、みんなと一緒に披露できなくて、迷惑かけるし披露できないことが悔しいし。でも体は1つしかないので大切にしようと思います」とつづっている。

最後は「皆さんに伝えたいこと」として、「どんな方でも健康診断、人間ドックをしっかり受けて欲しいなって思います。私は採血が嫌いすぎて健康診断受けない!って去年も言ってました。でもそんな健康診断にそして採血に救われました。だから意味無いって思っても受けて欲しいです。むしろそうやって異常なしがいい事なんだもん」と、ファンに呼びかけている。