広瀬すず“ドラミちゃん”になる、ソフトバンクCMに登場

記事まとめ

  • 広瀬すずが、“ドラミちゃん"役でソフトバンクの新CMに出演。
  • ドラミちゃんを演じることに「うれしいけど、ちょっぴり恥ずかしい」と語った。
  • ブルース・ウィリスが演じる兄・ドラえもんと予想外の再会を果たすという。
広瀬すず“ドラミちゃん”になる、ソフトバンクCMに登場
拡大する(全1枚)
女優の広瀬すず(23歳)が、“ドラミちゃん”役でソフトバンクの新テレビCMに出演。6月25日より、「5Gってドラえもん?『ドラミ登場』」篇を全国で放映開始する。

ブルース・ウィリスがドラえもん役を演じているこのテレビCMシリーズでは、2022年春までに5Gの人口カバー率90%を目指し、5G通信が家庭にも拡大していく様子を描くとともに、今回新たに広瀬がドラミちゃん役として登場。白戸家の壁を豪快に突き破り登場するドラミは、兄・ドラえもんと予想外の再会を果たす。さらに、どこでもドアから堺雅人演じる未来ののび太も登場し、次から次に起こる出来事に白戸家のメンバーも困惑してしまう……。

撮影当日、「おはようございます」と恥ずかしそうな表情で、監督やスタッフとあいさつを交わした広瀬。ドラミちゃんの実写版キャラクターを演じることについて「ドラミちゃん自体がかわい過ぎるので、うれしいけど、ちょっぴり恥ずかしい気持ちもあります」と語っていたが、黄色いボディ(衣装)に頭の赤いリボンという、多くの人が知っているドラミちゃんのトレードマークをモチーフにした姿がとてもよく似合い、カメラの前に立つやいなや、スタジオの空気が一気に華やかに。本番では監督の「もうちょっと早口」「笑顔を大きめに」「語尾のニュアンスを変えて」という矢継ぎ早の指示にも的確に応え、現場を大いに盛り上げた。

ドラミちゃんが白戸家のリビングに姿を現す体を張ったシーンでは、芝居のイメージをつかむため、最初に代役の演技を確認した広瀬。大きな音を立てて壁を突き破るシーンを、「メッチャ派手ですね」と笑みを浮かべながら、興味津々の様子で見守った。さらに本番に向けて、今度は壁に穴が開いた状態のまま、「この辺からジャンプすればいいですか?」と、何度か動きのテストを実施。そこでの演技を見た監督が「運動神経いいもんね。バスケやってたし」と話し掛けると、「普通ですよ(笑)」と広瀬。バスケットをやっていたのは8年前とのことだが、持ち前の軽やかな身のこなしを生かし、壁を突き破るシーンでは見事にたった2回で監督からOKテイクが出た。

また、壁を突き破った際に舞い上がるホコリは、体に害のない麦で作った粉を使用しており、監督からカットがかかると口を動かしながら「甘い、なんかきなこみたいな味がする」と、なんともかわいらしい姿を見せる広瀬だった。

当時の記事を読む

広瀬すずのプロフィールを見る
Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「広瀬すず」に関する記事

「広瀬すず」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「広瀬すず」の記事

次に読みたい「広瀬すず」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク