マット・デイモン、「アバター」出演断り264億円逃す

マット・デイモン、「アバター」出演断り264億円逃す
拡大する(全1枚)
マット・デイモン(50歳)が、映画「アバター」出演の巨額オファーを断っていたようだ。

2009年公開のジェームズ・キャメロン監督による大ヒット作で、収益の10%をギャラにする出演依頼を受けていたというマットは、約2億4000万ドル(約264億円)を手にするチャンスを逃したことになる。

マットはデッドラインに次のように語った。

「『アバター』っていうちょっとした映画のオファーを受けたんだ。ジェームズ・キャメロンがその10%をくれるってね。僕は歴史に残ることだろう。あれ以上の金額を断った俳優に出会うことはないだろうね」

「ジェイソン・ボーン」シリーズの契約が理由でマットがそのオファーを断ったことにより、結局その役はサム・ワーシントンが演じることになった。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ジェームズ・キャメロン」に関する記事

「ジェームズ・キャメロン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ジェームズ・キャメロン」の記事

次に読みたい「ジェームズ・キャメロン」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク