橋本環奈、高校時代の“やんちゃエピソード”語る
拡大する(全1枚)
女優・橋本環奈(22歳)が、8月14日に放送された情報番組「王様のブランチ」(TBS系)に出演。高校時代のやんちゃエピソードについて語った。

映画「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル」の宣伝を兼ねて番組のロケに参加した橋本に、高校時代の“今だから言えるやんちゃエピソード”があるか尋ねると、橋本は「高校生の時に、ピザを頼む。学校に」と回答。

橋本によると、高校には食堂があり、皆がそこでお弁当を持ち寄っていたことから「ということは、デリバリーしても平気なんだ」と解釈したそうで、「携帯とか持ち込みオーケーな学校だったんですけど、授業が始まる前に『すみません、デラックスピザ』っていって」と注文したという。

学校の職員会議が13時まであり、橋本は先生のいない13時までに校門の前で受け取ると依頼したそうだが、ピザ屋は13時を過ぎた上に、校門の中にまで入ってきたため、先生に怒られてピザを没収されたとのこと。

橋本が「冷えたピザを放課後渡されて。食堂に忍び込んでオーブントースターを拝借して焼いて食べました」と話すと、映画で共演するKing & Prince平野紫耀は「家帰ってから焼きぃ~や」と呆れ気味にツッコミ。橋本は「ちょっとした駄目なことをやっちゃうみたいのが楽しかったんですよね」と笑った。