三浦翔平、子どもの“名前の付け方”語る
拡大する(全1枚)
俳優の三浦翔平(33歳)が、8月27日に放送された恋愛モキュメンタリー番組「私たち結婚しました」(ABEMA)に出演。子どもの“名前の付け方”について語った。

同番組は、日本でも絶大な人気を誇るSHINeeのテミンなどトップスターたちが出演し、韓国で2008年から約9年間レギュラー放送された大ヒット番組「私たち結婚しました」の日本版リメイク。俳優・野村周平と、ゲスの極み乙女。のドラム・女優のさとうほなみのペアと、俳優・白洲迅と、モデル・女優の堀田茜のペアの計2組の有名芸能人ペアによる、貴重な7日間の“結婚生活”の様子をスタジオMCのノブらが見守っていく番組だ。

この日のスタジオパートでは、本編で白洲と堀田に与えられた「子どもの理想の名前を考えてください」というミッションにちなんで、三浦が子どもの名前をどのように決めたのかという話に。

三浦は「うちは、何個かパターンがあって、生まれた時にはまだ名前が決まってなくて」と話し、その候補に挙がっていた名前で子どものに声をかけたところ、「たまたまその名前の時にチビが手を上げたんですよ」と振り返った。