関智一「声優業界は“椅子取りゲーム”」厳しさ語る

関智一「声優業界は“椅子取りゲーム”」厳しさ語る
拡大する(全1枚)
声優の関智一が、9月24日に放送されたバラエティ番組「声優と夜あそび 金【関智一×畠中祐】#22」(ABEMA)に出演。「声優業界は“椅子取りゲーム”」と業界の厳しさを語った。

番組はこの日、スタッフのいない、カメラだけが置かれた楽屋で、関と声優・畠中祐の2人きりのじっくりトークを実施。

「聞いてみたいことをたくさん考えてきた!」という畠中は、関へ「役者になったきっかけは?」「挫折って経験したことあるんですか?」「苦しい時に自分を奮い立たせるためには?」と次々に質問。関はその質問一つ一つに丁寧に答え、芝居に興味を持つきっかけとなったという、小学生の頃に観た小劇場での舞台の話や、心が折れそうなときに意識していることなどを明かしていく。

続いて「20代前半はどういう役者を目指していた?」と聞かれた関は、「ただがむしゃらにやってただけで、特に目標はなかったかな」と答えつつ、「でも、養成所のときに当時先生だった増岡弘さんに『お前はお芝居上手だね。でもいい芝居じゃない。もっと泥水を啜るような演劇をやれないとダメだと思うんだ』って言われて……汚い芝居をしたいなって思った」「芝居が綺麗とか、上手だねってハートがあんまないみたいな言われ方じゃん。一番言われたくないことだなと思って」と、“綺麗な芝居”と言われることにコンプレックスを抱えていたことを明かした。

また、周りから求められる“かっこいい芝居”と自分が目指す “汚い芝居”とのギャップに悩んでいたことも明かし、経験を通して「ハートも感じさせたいし、ニーズに応えるお芝居もできるようにしたい」と、プロの声優として目指す道に気づいたことを語った関。今では想像のつかない関の葛藤に、畠中は「そういう悩みが若い頃あったんですね」と驚いた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

関智一のプロフィールを見る
Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「関智一」に関する記事

「関智一」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「関智一」の記事

次に読みたい「関智一」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク