素敵な羽生結弦にCMスタッフ感涙、黒柳徹子と共演

素敵な羽生結弦にCMスタッフ感涙、黒柳徹子と共演
拡大する(全1枚)
女優・タレントの黒柳徹子と、フィギュアスケートの羽生結弦選手が、東和薬品の新企業テレビCMで初共演。10月4日より、「こころの笑顔、あしたの健康」篇を全国で放映開始する。

2004年からイメージキャラクターを務める黒柳と、新たに起用した羽生選手が共演する今回のCM。「変わらない東和薬品」というテーマを黒柳が、「変わる東和薬品」というテーマを羽生選手が伝えることで、東和薬品グループの強い決意や意志、企業理念を発信していく。

今回のCMは、新型コロナウイルス感染症対策としてキャストを別々に撮影することとなり、まずは羽生選手の撮影が6月上旬、仙台市内のスタジオで行われた。当日は、東和薬品のコーポレートカラー「グリーン」をあしらったチェックのシャツと水玉のネクタイに、ベージュのスーツを合わせた爽やかな衣装で登場。スタッフに「よろしくお願いします」と丁寧に一礼し、CMのコンテ説明に臨んだ。撮影にあたり「ちょっと笑いが出るぐらいの雰囲気で」というリクエストを受けた際、無意識に「恥ずかしくならないかなぁ」とはにかんでみせると、監督がすかさず「今ぐらいの自然な表情で」と指摘。羽生選手は満面の笑みで「了解です!」と応じて、颯爽とカメラ前に向かった。

本番前、カメラに正対した右足の内側に、やや斜め向きに左足のかかとをくっつけた状態でスタンバイした羽生選手。当初は「なんかフィギュアっぽいですかね」と足元が気になる様子だったが、監督から「シャキッと立っている感じが出ていいと思います」とお墨付きをもらい、自身が慣れているポーズで本番を迎えた。羽生選手はワンテイク毎に「今の感じで大丈夫ですか?」と確認し、セリフの間や声のトーン、テンポ、 表情、所作などを細かく調整。持ち前の集中力と表現力を発揮して、自分に何が求められているのかを常に考え、監督の「ややテンション抑えめに」「“約束”をより丁寧な言い方で」という矢継ぎ早の指示にも的確に対応し、OKテイクを連発した。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「CM」に関する記事

「CM」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「CM」の記事

次に読みたい「CM」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク