トマトに“火星で育つ”可能性

トマトに“火星で育つ”可能性
拡大する(全1枚)
トマトに、火星で育つ可能性が秘められているという。

米フロリダ州のアルドリン・スペース・インスティテュートの科学者らが、火星の過酷な環境を再現したバイオドームでトマトを栽培したところ、成長し、果実が確認されたそうだ。

ケチャップで有名な食品メーカー・ハインツ支援のもと、2年間にわたる研究が続けられ、地球外でのトマトの収穫に光が見えてきたそうで、同施設のアンドリュー・パーマー教授はこう話している。

「別の惑星で生き延びるには、私たちにとって可能な道具を使い長期的に食物を育て生産する方法を確立しなければいけません。ハインツのケチャップになり得る品質の作物の収穫は夢でした。地球を超えた長期的な食物生産の可能性が見えてきました」  

ハインツは同研究で収穫されたトマトを使いプロトタイプのケチャップを製造、「Marz Edition(マーツ・エディション)」と名付けている。

編集部おすすめ

あわせて読みたい

Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク