人気ドラマ「BONES -骨は語る-」出演の41歳俳優死去
拡大する(全1枚)
米国の人気ドラマ「BONES -骨は語る-」の連続殺人犯ハワード・エップス役などで知られる、俳優のヒース・フリーマンさんが死去した。41歳だった。ヒースさんの訃報を、マネージャーのジョー・S・モンティフィオーリ氏が伝えている。

「私達の愛するヒース・フリーマンが亡くなったことで私達は真に悲痛の中にあります」
「彼は激しく、ソウルフルな魂を持った素晴らしい人で、私達の心に消えることのない印を残してくれました」
「彼の人生は、家族や友人に対する深い絆、愛情、寛容な心に溢れており、驚くほどの生きる熱意を持っていました」
「最近の出演映画をとても誇りに思い、キャリアの次の章をとても楽しみにしていました」
「彼の思い出が、彼を知り、愛した皆にとっての祝福となりますように」

なお、ヒースさんの死因については明らかになっていない。

ヒースさんの友人だった元ミスUSAのシャナ・モークラーは、「親愛なる友人ヒース・フリーマンの訃報に心から悲しんでいます。才能ある俳優、監督、プロデューサー、優れたシェフ、頼れる友人でした。あなたがいなくてとても寂しくなります。私達が共有した素晴らしい思い出一つ一つを大切にします。私達にはそれが多くありますね!」とお悔やみの言葉をインスタグラムに綴っている。

ヒースさんは「NCIS~ネイビー犯罪捜査班」のベンジャミン・フランク役でも知られているほか、最近では映画「デヴィルズ・フルート」の撮影を終えたところだった。