乃木坂46・新内眞衣、卒業報告で号泣「自分でもびっくり」
拡大する(全1枚)
アイドルグループ・乃木坂46新内眞衣(29歳)が、11月17日に放送されたラジオ番組「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送)に出演。ラジオの本番中に号泣しながら乃木坂46の卒業報告をしたことについて、「泣かないかなと思ってたんですけど、全然しっかり泣かせていただきました」と語った。

番組冒頭、佐久間宣行氏が前番組だった新内が番組内で卒業報告した話に触れている内に、新内がラジオブースを訪れ、「佐久間さんのリスナーのみなさんはじめまして。勝手にきました」とサプライズの形で番組に登場。

佐久間氏が「ちょっと泣きはらした目で」と新内が番組内で泣いていたことに触れると、新内は「たまたま、からしが目に入りました」とボケた。

新内は卒業報告することは2か月前に決まっていて、緊張感もなく番組に臨んだと話すと、佐久間氏は「緊張感がない割には号泣だったと聞いてますけど」とイジり、新内は「自分でもびっくりしたんです。緊張感がなかったから本番では泣かないかなと思ってたんですけど、全然しっかり泣かせていただきました」と語った。