神田沙也加さんが急死、滞在先のホテルから転落
拡大する(全1枚)
女優の神田沙也加さん(35歳)が急死した。神田さんは12月18日、主演ミュージカルのため北海道・札幌に滞在していたが、ホテルから転落した。

報道によると、神田さんは18日、札幌文化芸術劇場hitaruでの主演ミュージカル「マイ・フェア・レディ」に出演予定だったが、劇場に姿を現さず、ダブルキャストの元宝塚女優・朝夏まなと(37歳)が代役を務めたという。18日昼頃にホテルから転落した状態で発見。病院に緊急搬送され、重体との報道が流れていた。

Twitterなどネットでは、観劇に訪れたファンが相次ぎ投稿。「神田沙也加さんが体調不良で朝夏まなとさんが代演になった」などの報告が出ていた。

神田さんは1986年に俳優・神田正輝と歌手・松田聖子の間に生まれ、1999年に短編映画「ビーン・ケーキ(おはぎ)」に出演、2001年に第54回カンヌ国際映画祭で短編パルムドール(短編部門の最高賞を受賞)。2002年5月に「ever since」に歌手デビュー、2003年に映画「ドラゴンヘッド」で本格的な女優デビューを果たした。  

ミュージカル・舞台などでも活躍し、2014年に日本で公開されたディズニー製作のミュージカル・アニメーション映画「アナと雪の女王」で王女・アナ役の日本語吹替えを担当。2017年に俳優・村田充と結婚し、2019年に離婚していたことを報告していた。