宇梶剛士が新型コロナに感染、舞台降板

宇梶剛士が新型コロナに感染、舞台降板
拡大する(全1枚)
俳優の宇梶剛士(59歳)が、新型コロナウイルスに感染した。1月23日、所属事務所が発表した。

発表によると、宇梶は京都・南座で公演中の舞台「有頂天作家」における、中日PCR検査で、新型コロナ陽性を確認。これに伴い、25日からの南座の舞台は降板する。

症状としては、陽性発覚時は無症状だったものの、翌日に軽い喉の痛みと咳、平熱より少し高い37度台の発熱があったという。現在の症状は落ち着いているが、今後は医師、保健所の指導に従い、回復に努めていく。

なお、2月1日より予定している新橋演舞場公演「有頂天作家」への出演の可否については、「改めてご報告させていただきます」とのことだ。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

宇梶剛士のプロフィールを見る
Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「宇梶剛士」に関する記事

「宇梶剛士」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「宇梶剛士」の記事

次に読みたい「宇梶剛士」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク