青木崇高が新型コロナ感染、妻・優香は陰性確認も経過観察
拡大する(全1枚)
俳優の青木崇高(41歳)が、新型コロナウイルスに感染した。2月16日、所属事務所のスターダストプロモーションが発表した。

発表によると、青木は発熱の症状があったため、医療機関にてPCR検査を受検。その結果、2月15日に陽性と確認された。今後は医療機関・保健所の指示に従い療養する。

また、妻で女優・タレントの優香(41歳)については、所属事務所のホリプロが「PCR検査を受け陰性を確認しましたが、濃厚接触者の可能性もあることから、念の為しばらくお休みを頂き経過観察をいたします」と発表している。