菊池桃子、大原優乃の笑い声は「世界を幸せにする」
拡大する(全1枚)
女優・大原優乃(22歳)が3月8日、自身のYouTube公式チャンネル「ゆーのちゅーぶ / 大原優乃」の動画を更新。ドラマで共演している女優・タレントの菊池桃子から、笑い声について「世界を幸せにする。どっから(声が)出てるのかわからないけど」との評価を受けた。

連続ドラマ「真夜中にハロー!」(テレビ東京/BSテレ東)で大原と共演している菊池がゲストとして登場。大原は菊池について「お母さん役が菊池桃子さんですってスタッフさんに伺った時、恐れ多いなっていう緊張がすごく大きかったんですけど、現場でご一緒させてもらう時間の中で、言葉を交わさずともすごい心が通じ合えてるような感覚があったりだとか、本当に菊池さんのおかげで私はミサキという役を演じることができたと思います」とコメント。

菊池も初日から大原と演技の方向性などが一致し、大原が「(菊池と)雰囲気が似てるねって言われて、最初は『いえいえ、そんな』って思ってたんですけど後半『似てるな』って思ってました」と話すと、菊池も「私も似てるって思ってました」「声の出し方がちょっと似ているみたい」「お互い早くから仕事を始めたから、そういうのも共通点なのかな」と語る。

さらに菊池が「意外とこういう声をしている割には(2人とも)度胸はある」と話すと、大原が大きな声で笑い、菊池は「この笑い方ね。世界を幸せにする。どっから(声が)出てるのかわからないけど、ギャハハハハって」と語った。