米倉涼子、“仕事のこだわり”語る
拡大する(全1枚)
女優の米倉涼子(46歳)が、「コスタコーヒー」(コカ・コーラシステム)の新ブランドアンバサダーに起用され、3月16日に都内で行われた「コスタコーヒー 新CM発表会」に登壇した。“仕事のこだわり”について語った。

イベントのトークセッションの中で、「コスタコーヒー」が手淹れのようなクオリティにこだわっていることにちなみ、「お仕事の中で役作りなどでこだわっていることは?」と聞かれた米倉。

これに「役作りですと、髪型とか見た目? メイクとか衣装とかにもこだわりというか、いろんな方と相談しあいながら突き詰めていって、どんな風に皆さんに喜んでいただけるかっていうことを考えながら役作りはしています」と答える。

さらに「あとは撮影前とかに、やれることがあれば練習をしにいったりとか、プロフェッショナルな方に話を聞きに行ったりとか、取材をしたりとか。例えばそういうことにちなんだ漫画とか小説とか、トリセツみたいなものがあったらそれも読んでみたりとかもします」と、役に入る前にしっかりと準備をしてから臨むようにしているという。

それは、医者をはじめいろいろな役柄をやるものの「(その役には)急にはなれないんですよね。ある程度自分に自信と経験を積まないと、なんとなくやってて気持ち悪いというか、米倉涼子は米倉涼子なんで、どっちにしても。なので少しでもそういう知識を入れて説得力を出すために勉強というか、学ばさせててはいただいてます」と語った。