米倉涼子、“日常のこだわり”語る
拡大する(全1枚)
女優の米倉涼子(46歳)が、「コスタコーヒー」(コカ・コーラシステム)の新ブランドアンバサダーに起用され、3月16日に都内で行われた「コスタコーヒー 新CM発表会」に登壇した。“日常のこだわり”について語った。  

イベントのトークセッションの中で、「コスタコーヒー」が手淹れのようなクオリティにこだわっていることにちなみ、「日常でのこだわりは?」と聞かれた米倉。

これに「年齢もちょっと年を取ってきましたので、健康? 美というよりはまずは健康を意識。自分自身がどれだけ健康でいられるかっていうことを第一に考えてから、運動とか、食べ物、絶対にこれ食べなきゃとかっていうことは全然決めてないんですけど、美味しいと思える食事をしたりとか、楽しいと思える人に会うようにしたりとか、してますね」と語る。

そして、今回出演したCMが“忙しい日常でもコスタコーヒーを飲むとちょっと良い時間が過ごせる”というメッセージになっていることを踏まえ、米倉に「ちょっと良い時間過ごしたいとき、どんなことをする?」との質問が出た。

米倉は「私はゆっくりお風呂に浸かったりする時間が欲しいなぁとか、ゆっくり映画を観ながらコスタコーヒーをいただくとか。撮影とか、ドラマ中とかも、空いてる時間あるからコスタコーヒー飲もうっていう習慣が増えました。サイズとかすごく気に入っていて。持ちやすいし」と語った。