広瀬すずが“もっと極めたい”こと
拡大する(全1枚)
女優・広瀬すず(23歳)が出演する、富士フイルムの新プロモーション「プリントデイズ by FUJICOLOR」開始に合わせた新CM「プリントデイズ OF 広瀬すず」篇が、4月16日より全国で放映を開始する。それに伴いインタビューに答え、“もっと極めたい”ことなどについて語った。

質問:今回の撮影はいかがでしたか? お気に入りのシーンなどあれば教えてください。

広瀬:全体通して写真を撮りに行く旅をしているような気分でした。すごく色々な洋服を着て、色々な景色を見ることができて、ずっと楽しい撮影でした。もっとふんだんにドラマにしたいくらいでした。キャンプのシーンがあるのですが、普段は結構インドアなので、新鮮でした。(撮影では)美味しそうな料理がいっぱい作ってあったり、テントがあったり、用意してもらうとこんなに楽しいんだと思いました(笑)。

質問:「写真と。もっと。」というナレーションが印象的なCMとなっていますが、今年でデビュー10年を迎えこれまでさまざまなことに挑戦してきた広瀬さんが、“もっと極めたい”ことは何ですか?

広瀬:キックボクシングです。練習って言うと選手みたいですけど……ジムに行っている時に、もっと本格的(な練習)に耐えられる身体になりたいんです。スパーリングをよくやります。だから、今はケガをしないようにとか含め、私だけが攻めをできるように、トレーナーさんが受けてくれるんです。トレーナーさんが軽くこの辺りに当てるとかだけだと、どんどんどんどん物足りなくなってきて(笑)。もっと耐えられるお腹とか、足とかお尻とか、あたっても大丈夫な筋肉を付けてもっと強くなりたいです。最近少し飽き始めて全然行ってないので、今年はトレーニングをいっぱいしたいな、運動したいなって思っています。