千鳥ノブ“今後のプラン”語る「50歳からは…」
拡大する(全1枚)
お笑いコンビ・千鳥のノブ(42歳)が、4月28日に放送された競馬番組「川島&ノブ ウダ馬なし」(関西テレビ)に出演。“今後のプラン”について語った。

週末に行われる競馬のG1・天皇賞(春)が長丁場のレースということにちなみ、「どうですかね、芸能界で長続きするんですかね、我々も」と話を切り出したノブ。「考えてます? なんとなくのプランとか」と、将来どうしたいかについて、麒麟川島明に問いかける。

川島は「ほんまだから、さんまさんとね、この間、収録で一緒になったんですよ。オレと、さんまさんと、マツコさん。30分の番組、いつも一緒やってんねんけど、特番やから1時間になります、みたいな。4時間回してんで!3人やで…。4時間立ってた…。あんま大人がないやろ。1回も座らんと、ずっと4時間立ってた」と、先輩・明石家さんまのパワフルさを語る。ノブは「さんまさんは比較しちゃダメ」と、あくまでもさんまは例外だとコメント。川島も「ダメですね」と頷いた。

また、川島に「いつまでやるって考えてる?」と聞かれたノブは「オレは、うっすら司会とかはやめていって、“トミーズ健さん状態”」を目指すと話すと、川島は「“状態”ってさ(笑)。ドラクエで言うと毒とかしびれのこと言うねんで。状態異常のやつやん」とツッコミ。気を取り直して、ノブは「若手にいじられて。いじられたり、蹴られたり、50歳からはオレ、熱湯かけられて、お金もらおうとしてる」と語った。