オードリー若林「いつ離婚されるか怖くてしょうがない」
拡大する(全1枚)
お笑いコンビオードリー若林正恭(43歳)が、5月3日に放送されたトーク番組「午前0時の森」(日本テレビ系)に出演。結婚したが、まだ夫婦としての修行生活だと思っており、「いつ離婚されるか怖くてしょうがないのよ」と語った。

ゴールデンウィークで、水卜麻美アナが若林に「今、お子さん小さいからあれですけど、ご家族で出かけたりするんですか?」と尋ねると、若林が「俺、本当にまだ修業期間だと思ってるの。夫婦の。いつ離婚されるか怖くてしょうがないのよ」と告白。

水卜アナが「その怯えみたいのはあるんですか? 感じるってことですか? 不満があるかもって。思い当たるならすぐ直したほうがいいですよ」と話すと、若林は夫婦で埼玉に旅行に行った時に、渓流でヤマメ釣りをしたことがあると切り出し、若林の妻はどうやら釣りが初めてですごく楽しそうにしていたが、若林はこのヤマメが養殖であると見抜き、夜に予約していた食事で天然のヤマメの塩焼きが出るから、妻に「ここで食べない方がいい」と釣った魚を食べなかったという。

釣りを終えて車に戻ると、若林の妻は「ヤマメだけじゃなくて、思い出と景色も食べるんだよ」と若林に怒ったそうで、若林は「俺、思い出と景色も食べるって知らなかったんだよね。今まで生きてきて」とコメント。

水卜アナは「どうやって生きてきたんですか!」と驚きつつ、「私、奥さんとハイタッチしたい。若林さんが言っている意味もわかります。若林さんの優しさは優しさですけど、私も思い出と景色も食べる派」と話し、「まだすりあわせはできます」とフォローした。