大仁田厚「私のモノマネよくやってくれた竜ちゃん」訃報にコメント
拡大する(全1枚)
プロレスラーの大仁田厚(64歳)が、5月11日に自身のSNSを更新。同日亡くなったダチョウ倶楽部・上島竜兵さんについて「びっくり竜ちゃんが亡くなるなんて」と驚きと共に、追悼の言葉を綴った。

上島さんは大仁田のモノマネをネタとしてよく披露しており、大仁田は「私のモノマネをよくやってくれた竜ちゃん。いつも笑顔でみんな笑顔にしてくれた竜ちゃんありがとう」とコメント。

最後に「上島竜兵さんのご冥福を心からお祈りします。大仁田厚」と追悼の言葉を綴った。

上島さんは11日午前0時頃、東京・中野区の自宅で倒れているのを家族が見つけ通報。病院に運ばれたが、死亡が確認されたという。  

上島さんは1961年、兵庫県生まれ。俳優を目指してテアトルエコー養成所、青年座を経て、寺門ジモン、肥後克広、南部寅太(南部虎弾)と共にダチョウ倶楽部を結成した。ダチョウ倶楽部はその後、「キス芸」「どうぞどうぞ」「熱湯風呂」「熱々おでん」など、後世に残るヒットネタを連発。上島さんはそうしたダチョウ倶楽部の活動の傍ら、俳優としても活躍しており、今年3月まで放送された連続ドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)でも怪演。現在放送中の連続ドラマ「やんごとなき一族」(フジテレビ系)にも出演していた。

また、太田プロのメンバーを中心にした芸人グループ「竜兵会」には、有吉弘行、土田晃之、劇団ひとり、ノッチらが所属。行きつけだった東京・東高円寺の居酒屋「野武士」が閉店したことをなどを理由に、2016年9月、バラエティ番組「アメトーーク!」でメンバーが解散を発表した(※上島さんは解散を認めず、その後も解散を否定していた)。