広瀬すず、頻繁に通った焼肉店で“ショックな出来事”
拡大する(全1枚)
女優・広瀬すず(23歳)が、所属事務所フォスターのYouTube公式チャンネル「【公式】フォスター / フォスター・プラス FOSTER / FOSTER plus.」に登場。2、3日に1回通っていた焼肉屋で起きたショックな出来事について語った。

広瀬が出演した映画「流浪の月」の公開初日の舞台裏に密着し、広瀬に、ロケ地だった長野県松本市に関する様々なクイズを出題することに。

「松本市で撮影されたロケ地は何か所?」「松本城に1番近かったロケ地はどこ?」「松本と言えば『白線流し』、白線を流した川はどこ?」といった難問が出題され、ことごとく外してしまう広瀬。最後のサービス問題として「松本でたびたび訪れた焼肉屋さんでは『広瀬すずちゃんですか?』と何回聞かれた?」と出題されると、広瀬は「0回」と答え、正解した。

正解はしたものの、広瀬は「ちょっとショックなんだけど……やめてもらっていいですか、それはそれでショックだし」とショックの表情を浮かべ、「そりゃ覚えてますよ、0回。毎日毎日考えて……2、3日に1回も行ってたのに。(素顔のままで)これで食べてるのにね、誰にも気づかれなかった。もうちょっと頑張りましょう、私たち。頑張りましょう」と語った。