水卜麻美アナ、“食べるキャラ”確立したきっかけ語る
拡大する(全1枚)
日本テレビ水卜麻美アナ(35歳)が、5月24日に放送されたトーク番組「午前0時の森」(日本テレビ系)に出演。「ヒルナンデス!」で食リポをするようになった流れについて語った。

水卜アナは新人時代、トータルで週40分くらいしかテレビに出ていなかった頃に「ヒルナンデス!」への出演が決まったが、「最初は『続いてはこちらです』しかワードがなかったんですよ。台本に。『続いてはこちらです』のために2時間いちゃいけないと思った」という。

水卜アナは「ロケで絶対に使われてやると思って」食リポをするようになったが、ディレクターは首を傾げることが多かったそう。

「まずい、このままじゃ使われない」と思った水卜アナは「完食するまでずっと感想言ってやるっていう。うまいコメント言えなくて完食し続けてたのと、『私、やっぱ全然食べるの好きだな』も相まって、気づいたらこうなったみたいな。負けず嫌いなところはあります」と食べるキャラになったと語った。