小芝風花、最近心臓が“キュッ”となったこと
拡大する(全1枚)
女優の小芝風花(25歳)が、6月14日に放送された情報番組「おはよう朝日です」(朝日放送)に出演。最近心臓が“キュッ”となったことを語った。

この日、「映画 妖怪シェアハウス-白馬の王子様じゃないん怪-」の宣伝のため、同番組に出演した小芝。映画のサブタイトル「白馬の王子様じゃないん怪」にちなみ、「最近ツッコミたくなったこと」について聞かれる。

小芝は「母の日に、(お母さんに)おいしいご飯を食べさせてあげようと思って、初めて、ちょっとお高めのフレンチのコース、ランチに行ったんです。最初に、乾杯のシャンパンが出てきたんですけど、お会計したときに、別料金だった」そうで、「いや、コースに入ってなかったんかい!(笑)」と笑顔でツッコミ。

そして「フレンチのコースとか行ったことなくて、そこでは当たり前のことだと思うんですけど、コースじゃない人のオススメのワインだったりとか、デザートを薦めてくださるんですけど、知らないもんだから、会計開いて(見て)心臓キュッとなりました」と笑った。