ミック・ジャガーがコロナから復帰、ステージ駆け回る
拡大する(全1枚)
ミック・ジャガー(78歳)が新型コロナ感染から回復し、ステージに復帰した。

6月22日、イタリア・ミラノのジュゼッペ・メアッツァ・スタジアムで行われたザ・ローリング・ストーンズの公演で、エネルギーに満ち溢れた姿を披露し、観客を沸かせた。

英紙デイリー・メールによると、黒のスキニージーンズとピンクのボンバージャケットを着たミックは、ロニー・ウッドとキース・リチャーズらを携え、縦横無尽に駆け回っていたという。なお、昨年他界したチャーリー・ワッツに代わり、スティーブ・ジョーダンがドラマーとしてツアーに参加している。

ミックは、今回のライブの前にツイッターにビデオメッセージを投稿し、次のように語っていた。

「やあ皆。素敵なメッセージを本当にありがとう。感謝している。ショーに関して迷惑をかけてしまい申し訳ない。けど、火曜日のミラノのステージに私たちは上がる予定だ。そこで会おう」

同バンドの結成60周年を祝う「シックスティ」ツアーの最中にコロナに感染し、2公演の延期を余儀なくされたミックだが、先日インスタグラムでファンにこう報告していた。

「ここ数日、励ましの言葉やメッセージをくれた皆に感謝している。今気分はずっと良くなって、来週のステージが楽しみさ!」
「アムステルダムの公演は7月7日に変更となった。ベルンの公演の再日程はできるだけ早く発表する。また!ミック」

先週、オランダ、アムステルダムのヨハン・クライフ・アレナでの公演開始数時間前にコロナ検査でミックの陽性が発覚、同バンドは急遽延期の発表をしていた。