久間田琳加、リラックスした雰囲気の“等身大の私”
拡大する(全1枚)
モデルで女優の久間田琳加(21歳)が、7月13日発売の「週刊少年サンデー33号」の表紙に登場することがわかった。それに先立ち、先行アザーカットが公開された。

今回、同誌では「リセット」をテーマに撮影。普段モデルとして見せる久間田の表情とはうって変わって、大自然や銭湯などのロケーションでリラックスした表情の久間田が収められている。

2021年3月以来となる「サンデー」登場について、久間田は「前回は制服を着て表紙を飾らせていただいたことが、特に記憶に残っています。今回は、ボブヘアで撮影したのでまた違った私をみていただけると思います!」とコメント。

そして「撮影当日はあまり天気が良くない予報だったのですが、撮影中は雨が止んでくれたことが嬉しかったです!帰りに食べた冷やし中華も美味しくて、プライベートでプチ旅行に来た気分になりました!」と撮影を振り返った。

久間田は、6月から雑誌「non-no」専属モデルに加入することが発表されたばかり。着々とモデルとしてのキャリアを積み重ねながら、近年はドラマ「マリーミー!」で主演となる沢本陽茉梨役を好演し、原作の再現度に注目が集まった。最近でも主演映画が決定し、定番だったロングヘアーを役作りのためにばっさりボブにカットしたことが話題に。本格的に女優業にも進出していくことがうかがえる。

そんな女優業について久間田は「今は色々な現場を経験したいという気持ちで、様々な役に挑戦してみたいです!作品を通して新たに知っていただく機会ができたら、とても嬉しいです」とコメント。

最後に、「サンデー」登場を楽しみにしているファンに向けて、「今回は『リセット』がテーマで、帰省風のシチュエーションで撮影しました!お世話になっているスタッフさん方と、本当にリラックスした雰囲気で撮影しました。遊園地に行ったり、温泉で撮影したり、等身大の私をみていただきたいです!」とメッセージを寄せた。