アイドルグループ・A.B.C-Zからの脱退を発表した河合郁人(36歳)が、11月21日に放送されたバラエティ番組「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に出演。番組MCの明石家さんまから「お前、事務所もないし…」とイジられた。
   

番組はこの日、「立川vs.八王子vs.町田…東京23区外で育った有名人」をテーマに進行。河合は武蔵村山市代表として出演し、「武蔵村山市は電車の駅がないんです」と紹介、さんまは「東京にそんなところがあるんだ」と驚き、河合は「東京の“陸の孤島”」と説明する。

さらに「隣の東大和市とか、志村けんさんの東村山市とかに行かないと電車乗れないんです。(そこまでは)バスか、自転車か、車ですね。車で15~20分かかるんで。(自転車だと)30~40分かかりますね」と続けると、さんまは「なんでないの? ホンマになんで?」と質問。
河合は「自然をすごい大事にしてる。キレイな街なんですよ」と答えたが、さんまから「お前、事務所もないし、駅もないの?」とイジられ、河合は「なんなら来月にグループも脱退するんで、グループもなくなりました(笑)」と笑う。

そんな河合に、ほかの出演者から「がんばれー!」の声が飛び、さんまも「なし、なし、なしやな(笑)」と笑った。