女優・芦田愛菜(19歳)が、11月25日に放送されたバラエティ番組「サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん」(テレビ朝日系)に出演。15年越しに使い方を知った文房具について「もっと早く知りたかった……」と語った。


番組に、文房具を愛してやまない文房具博士が登場し、最新の文房具から昭和に流行した文房具など様々な文房具を紹介。番組レギュラーの芦田も、補助軸になる鉛筆キャップ「キャップ&ホルダー」やロケット鉛筆に「懐かしい!」と興奮。多面式マチック筆入に「小学生の頃、私も使ってました!」と語る。

その中で、「スピログラフ」という文房具を見つけた芦田は、「この、何に使うのかよく分からない定規」と言って手に取り、歯車に合わせてペンを動かすと様々な幾何学模様が描けるという使い方を教わる。

実際に幾何学模様を描いてみた芦田は「そういうことだったんだ! え!? えーもっと早く知りたかったなあ、これ。うわあ! えー! えー!」と驚き、「うわあ。
こんな楽しかったんですね、これ。家にあったのに使い方知らなかった。(幾何学模様)かわいい。もっと早く知りたかった……15年越しくらいに(使い方を知った)」と語った。