日本テレビ系列の日本海テレビ(鳥取)は11月28日、公式ホームページを更新。「弊社元幹部社員の不正について」と題する文書を公開し、チャリティー番組「24時間テレビ」の寄付金を幹部社員が着服していたことを公表した。
この幹部は11月27日付けで懲戒解雇となったという。

発表によると、着服していたのは元経営戦略局長で、売上金など総額1118万2575円、そのうち「24時間テレビ」の寄付金は264万6020円だった。同局は「寄付金の着服は、一般の皆様から寄せられた善意を踏みにじって私腹を肥やした行為で、到底許せず、弊社は11月27日付で元局長を懲戒解雇とし、28日に鳥取県警鳥取署に被害を届け出ました」と報告した。

また、「弊社は責任をもって保管すべき皆様の浄財が着服されるのを10年間、見落としてしまいました。ご寄付いただいた皆様をはじめ、ボランティアで活動にご協力くださった皆様、同番組に関わる皆様、ご関係の皆様に深くおわび申し上げます。公共の電波をお預かりする立場として、あってはならない事態を引き起こしました。
まことに申し訳ありませんでした」と謝罪。

さらに調査によって明らかになった、元局長の着服の手口について、「募金終了後、金融機関へ運ぶまで、鳥取市の本社内で保管していた紙幣や貨幣から、周囲の目を盗んで一部を持ち出し、自分の銀行口座に入れていました」などと説明。

動機については「『最初の不正の2014年当時、親族のために金を用立てる必要があった。そのころ、会社に着服しても発覚しにくい入金があり、思いついた』などと言っています。後輩らを連れてよく飲み歩き、スロットも好きだったといい、こうした金に使ったと、弊社は見ています」している。なお、「448万4200円をこれまでに返還しており、残金も弁済すると話しています」とのことだ。


同局の西嶌一泰社長は、この件について「皆様の善意を裏切る行為を幹部社員が行ったことについて、浄財を寄付してくださった皆様、ボランティアで活動にご協力いただいた皆様、同番組に関わる皆様、ご関係の皆様に深くおわびを申し上げます。まことに申し訳ありませんでした。弊社は再発防止策と社員教育を徹底するとともにチャリティーをはじめ皆様のお役に立てる活動にこれまで以上に積極的に取り組むなどし、信頼回復に努めてまいります」とコメントしている。