フジテレビの鈴木唯アナ(29歳)が、11月28日に放送された番宣番組「EXITV~FODの新作・名作をPon!Pon!見せまくり!!~」(フジテレビ系)に出演。過去と未来、行けるとしたら…との質問に“過去”を選び、その理由を語った。


今回、ゲスト出演し鈴木アナは、「1回だけタイムリープできるとしたら、過去に行きたい? 未来を知りたい?」との質問を受ける。

これに「過去が良いですね」と答え、「別に何かを直したいわけじゃなくて、建築家になりたいです」と、現在のアナウンサーとは別の職業についてみたいと語る。

また、「えっ? アナウンサーは?」との質問には、「アナウンサーにはもうならないです」とキッパリ。この回答に、EXIT・兼近大樹は「いま間違えた未来にいるってこと?」と驚きの声を上げた。

鈴木アナは「でも、もうそのためにはすごい戻らないといけないじゃないですか。最初から勉強しないといけないんで、もう手遅れなので、アナウンサーとして頑張って生きていくんですけど」とコメント。
この言葉を聞いたEXIT・りんたろー。が「(アナウンサーは)楽しいですよね?」と確認し、鈴木アナは「楽しいですよ」と答えたが、りんたろー。は「なんか言わされてるみたい(笑)」と笑った。

ちなみに、建築家になりたい理由は「自分の思っていることを作りたい」という欲求があるため。芸術的な意味で何かを作りたい、自分で何かを生み出したいという、“今の自分”にはできないことをしてみたいからだと話した。