KAT-TUN亀梨和也(37歳)が、11月30日に放送されたトーク番組「トークィーンズ」(フジテレビ系)に出演。若い頃は、買い物袋からネギが出ていると「“亀梨”に悪いな」と思ったと語った。
  

映画「怪物の木こり」に出演しているKAT-TUN・亀梨和也がゲストとして登場。普段から無意識でもスターらしくふるまっている亀梨が、「スーパーに行った時、ネギ好きなんですけど、ネギ買うと袋から出ちゃうじゃないですか。最近はそうは思わないですけれど、若い頃は、10年前くらいまで、それはちょっとな、と。僕は違和感ないけど『ネギ持ってるぞ、亀梨』(と人に思われる)は“亀梨”に悪いな、と。サングラス掛けて、とんがったブーツ履いてんのに、ネギが出ている訳じゃないですか。だから一時、ネギを切ってもらえるスーパーがあったのでそこで半分にしてもらっていた」と話し、スタジオの女性陣を驚かせる。


さらに、亀梨は「(ネギが)袋に入ってるからダサいのかな? と思って。左に(買い物の)袋、右にネギを持っていた」と試行錯誤していた時期があると話すと、スタジオからは「それの方がダサい」というツッコミの声が上がった。