歌手の山本彩(30歳)が、12月1日に放送されたバラエティ番組「ネコいぬワイドショー」(BS朝日)に出演。犬を飼うようになったきっかけについて話し、さらば青春の光・森田哲矢から同情された。


「ネコ・いぬ」に関する情報だけを伝えるワイドショーに、山本が“いぬコメンテーター”として出演。

山本は実家にトイ・プードルと、東京でヨークシャー・テリアを飼っていると話し、飼い犬の写真を紹介する。

迎えたきっかけについて質問が出ると、山本は「ある日、私がお仕事がお休みだった時に、友だちと遊びに行く予定だったんですけど、複数人で。全員にドタキャンされてしまって。せっかくやから、ワンちゃんとか見て、癒やされに行こうかってお母さんが連れて行ってくれて。ワンちゃんと戯れられる場所に。
そしたら私も母も気持ちが高ぶっちゃいまして、『ワンちゃん、飼おう』っていうことに。お父さんは行ってなくて、帰ったら(犬が)いるっていうことになってまして、めっちゃ怒られました。でも次の日はデレッデレ」と説明する。

話を聞いたさらば青春の光・森田哲矢は「アイドルグループっていろいろ大変なんですね」と同情したが、山本は「そういうことじゃない」と下衆な勘ぐりを否定した。