お笑い芸人のやす子(25歳)が、12月3日に放送されたバラエティ番組「サンデー・ジャポン」(TBS系)に出演。「なんかヤラしい人間になりました」と反省した。


やす子は今回、大ヒットした人気ゲーム「スイカゲーム」を初体験。普段、あまりゲームはやらないそうだが、実際に「スイカゲーム」をプレイしてみると、「これ気持ちいい」「やった~!めっちゃ気持ちいい!」「めちゃくちゃ気持ちいいです」と“気持ちいい”を連発しながら楽しんだ。

また、「スイカゲーム」開発会社の担当者へのインタビューでは、やす子が自ら「やす子とコラボとかどうですか?」と売り込み。「はい~みたいな、貝~とかサイ~とか鯛~とかが出てきて、鯛と鯛が合体してサイになるとか(笑)」と企画内容を提案し、担当者から「社内でも共有します」との言葉を引き出すと、やす子は喜んだものの、「なんかヤラしい人間になりました。染まってきた気がする芸能界に…」と反省した。

番組でこのVTRを見ていた爆笑問題太田光は「確かにね、芸能界に染まってきましたけどね」とコメント。
そして「ただ、あのゲームの権利が…もし実現したら、サンジャポにありますからね」と語った。