4人組ガールズロックバンド・PINK SAPPHIRE(ピンクサファイア)のギター、TAKAさんが、12月12日に亡くなったことがわかった。22日、同バンドの公式SNSで報告している。


公式SNSでは、「皆さんに、大切なご報告 悲しいご報告をさせていただくことになります」として、次の文書を投稿した。

「悲しいご報告をさせていただくことになります。PINK SAPPHIREのギタリストTAKAが、2023年12月12日に永眠いたしました。皆様の生前のご厚誼を深謝し、故人に心から哀悼の意を表しますとともに、謹んでご報告申し上げます。TAKAの冥福を祈ると共に、これまで応援してくださった皆様に心より感謝申し上げます」

PINK SAPPHIREは1988年に結成、1990年にメジャーデビュー。連続ドラマ「キモチいい恋したい!」(フジテレビ系/出演:安田成美吉田栄作ら)の主題歌で、デビュー曲「P.S. I LOVE YOU」が大ヒットを記録した。
1995年に活動休止。2014年に再結成した。
TAKAさんのInstagramでは、今年4月の投稿で、「去年の丁度1年前 もうすぐGWに入ろうかという時期に『余命宣告』を受けました。化学療法(#抗がん剤)の治療をしなければ余命1年(1年持つかどうか…)治療をして薬が効けば平均で約2~3年…薬が効かなくなれば、覚悟をして下さいと言われました」と、病気と治療の現状について明かしていた。  

また、TAKAさんの最後のブログは10月31日に更新。「3ヶ月振りの凄く久しぶりの更新になりますが 何とか元気で頑張っています。
癌治療ですが標準治療で出来る事は無くなってしまい 今は在宅診療をしながら家でのんびり過ごしています。この事に関しては今度ゆっくり書こうかなぁ…と思っていますが 病気の事でいろいろと考えると不安になるので今はとにかく楽しい事をいっぱい考えて過ごしたいです」などとつづっていた。