フリーアナウンサーでタレントの森香澄(28歳)が、6月11日に放送されたトーク番組「イワクラと吉住の番組」(テレビ朝日系)に出演。女性アナウンサーという職業が「めちゃめちゃ比べられる。
“比べるハラスメント”」と語った。

蛙亭・イワクラと吉住の番組に矢口真里三上悠亜、森香澄がゲストとして登場し、「女の数々の疑問」というトークを展開。

「社会人になってハラスメントと感じた回数は?」という質問に、森は2回あると答え、「1つは、アナウンサーってめちゃめちゃ比べられるんですよ。入ったばっかなんて、能力とか分からないじゃないですか。なのに『この人の方がこの番組好きそう』とか『この人の方が優秀そう』とか憶測とかでどんどん加速していって。本当に“比べるハラスメント”だな」とコメント。


また、もう1つのハラスメントは血液型による「ブラッドタイプ・ハラスメント」で、O型の森に対し「家汚そうだよね」「どうせ大雑把なんでしょ」と決めつけられてしまうと語った。