女優の伊原六花(25歳)が、「キリン のどごし<生>」の新CMキャラクターに起用され、「キリンのどごし<生> ひたむきに20年」篇に出演。6月17日より順次放映を開始する。
それに伴いインタビューに答え、“爽快でスカッとする出来事”について語った。

今回の新CMでは、初共演となる俳優・桐谷健太(44歳)と共に、伊原はキリンビールの営業担当に。工場を出荷した商品が店頭でお客さんに届けられていく様子を描いている。

撮影後のインタビューでは、「爽快なうまさで20年近く愛される、『のどごし<生>』ですが、最近あった爽快でスカッとする出来事やエピソードを教えてください」と質問を受けた伊原。

これに「ドラマでご一緒したキャストの方にすごく料理が上手な方がいらっしゃって、すごくおいしい餃子のレシピを教えてもらって、おうちで60個の餃子を一人で包みましたね。出来上がったのを見た時に、お仕事とは違って集中ができた瞬間だったので、終わった瞬間スカッとしましたね。
壮観でした、60個の餃子」と語った。