女優の米倉涼子(48歳)が、6月14日に放送されたトーク番組「あさイチ」(NHK総合)に出演。2019年に公表した「脳脊髄液減少症」について話し、公表後初めて生放送に出演した。


ドラマ「エンジェルフライト」に出演している米倉が、宣伝を兼ねて番組のゲストとして登場。

2019年に自身の病状を公表して以来、米倉は「本当に5年前から引きずってきていたんですが、去年とてもすばらしい先生に出会うことができて、8月に手術みたいなものをして、今年のちょうど5月くらいから急に元気になってきました」と話す。

米倉は、この病気のことを分かってもらえないことも多く、「まっすぐ歩けなかったりする」「ライトとか、車のライトとかが全部つながって見えちゃって、自分がどこにいるか分からなくなる」「頭痛とか、今、こうやって座っているんですけれど座っていることすらできなくなっちゃう。横になっていると元気なんです」と説明。

そして「だから横になっていれば本当にうるさいおばさんでいられるっていう感じなんですが」と言うと、博多大吉は「その件についてはコメントを控えますけれど」と語った。