フリーアナウンサーの神田愛花(44歳)が、6月14日に放送されたトーク番組「酒のツマミになる話」(フジテレビ系)に出演。“一番好きなテレビ番組”は「夫の番組」と話し、中でも必ず見るのは「夫しか映ってない」番組だと語った。


この日、“一番好きなテレビ番組”についてトークを展開。神田は「私は夫の番組ですよね」と切り出し、夫のバナナマン日村勇紀が出演する番組が多くある中で、欠かさず見ると決めているのが「バナナマン日村が歩く! ウォーキングのひむ太郎」(BS朝日)なのだそう。

それは「30分間、夫が1人でウォーキングするんです。もう夫しか映ってないんです。声も、夫の声しか聞こえないんです。だから最高」と話し、タレント・関根勤は「愛してるね~!」と感心する。


神田はさらに「VTRをスタジオで見て、ワイプで夫が映ってる時とかも、逆にして欲しいです、サイズを」と続け、共演者から「ワイプがメインで、ちょっとロケ…?」「おいしいごはん見たいやん!」とツッコまれるが、「でもたぶん、皆さん、奥さん、ママ、そう思ってらっしゃると思います。ご自身の旦那様がずっと映ってる方が」と語った。