女優の広瀬すず(25歳)が、主人公を務めるCM「三井のすずちゃん」シリーズ(三井不動産)の新作「LaLa arena」篇に出演。6月18日より放映を開始する。
それに伴いインタビューに答え、“友人に共有したくなった出来事”について語った。

“三井のすずちゃん”こと広瀬が、三井不動産のさまざまな街づくりや施設、不動産業を超えた新しい取り組みを、Mr.Childrenの「名もなき詩」のインストカバーにのせて紹介していく「三井のすずちゃん」シリーズ。今回の舞台は、2024年5月に開業した千葉・南船橋の大型多目的アリーナ「LaLa arena TOKYO-BAY」で、友人と共にバスケットボールの試合を観戦し、ららぽーとを含めた南船橋の街を楽しむ様子を描いた。

撮影後のインタビューでは、CMの内容にちなみ、「最近、ついつい友人に共有したくなった出来事はありますか?」と聞かれた広瀬。

これに「美味しかったものとか、面白かったバラエティとかが多いです」と答え、「テレビっ子なので、ずっと家でテレビを観ているのですが、面白かったコントとか『この人ならこの面白さ分かってくれる!』という時に、その人に電話をかけて『今テレビつけて!』って連絡することがたまにあります(笑)」と語った。