タレントの渋谷凪咲(27歳)が、ワコールが展開するブランド「ウイング」の新CMに出演。6月20日より、「下着メーカーが本気でつくったブラトップ」篇の放映を開始する。


昨シーズンに引き続き渋谷を起用した新CMでは、暑い夏を快適に過ごせる“避暑する下着”をコンセプトに掲げ、「シンクロブラトップ」の魅力を発信。「シンクロブラトップ」は、アンダーのしめつけ感を軽減したラクなつけごこちと、きれいなバストシルエットを両立した、“下着メーカーが本気でつくったブラトップ”だ。

笑顔の絶えない元気なイメージのある渋谷が、下着メーカーならではのものづくりによって生み出された商品を身につけることで生まれる「自信」を、キリッとした意思のある力強い目線と凛としたクールな表情で表現している。

撮影後のインタビューでは、昨年同CMに出演した反響を聞かれ、「私のことを知ってくださっている方には『CMびっくりした、大人になったなぁ』と言っていただけて嬉しかったですね」とコメント。

そして「女性の方からの支持がすごく増えました。ファンの方からも『ウイングの下着を着ています』や『買いに行ったよ』と言っていただきました。
下着ですけどセクシーとかそういうことではなくて。本当は生活の一部でとても大切なアイテムだと思うので、下着の話を公にできるというのもすごく嬉しい変化でした」と語った。