マクドナルドは6月26日から、ヨーロッパをイメージした新バーガー「ジャーマンポテト肉厚ビーフ」「ペペロンジューシーホットチキン」「ブイヤベース風シュリンプ」の3種を“魔女のお届けもの「ヨーロッパバーガーズ」”として発売する。(※「ブイヤベース風シュリンプ」は福岡・佐賀では販売なし)

これまでにも「N.Y.バーガーズ」「アジアンバーガーズ」「アジアンスイーツ」など、世界中の味を展開してきたマクドナルド。
今回の「ヨーロッパバーガーズ」は、ヨーロッパの料理をイメージした、ビーフ、チキン、シュリンプ3種類の味わいを楽しめるバーガーシリーズだ。

「ジャーマンポテト肉厚ビーフ」(520円~/税込み)は、ジューシーで肉厚な100%ビーフパティと、ごろっとしたポテトの食感が楽しめるフィリングがやみつきになる、食べ応え抜群の一品。

「ペペロンジューシーホットチキン」(450円~/税込み)は、ジューシーなモモ肉の赤とうがらしチキンパティに、にんにくとブラックペッパーを効かせたアイオリソースをあわせた。

「ブイヤベース風シュリンプ」(470円~/税込み)は、シーフードの旨みを楽しめるブイヤベースソースとアイオリソースが、ぷりぷりザクザクのえびカツと相性抜群の一品だ。いずれのバーガーも、具材との良い、てりのあるもちっとした食感の四角い形の特製バンズでサンドした。