海老蔵事件「元暴走族リーダー」弁護士の記者会見、「取材申込殺到」で急遽中止

海老蔵事件「元暴走族リーダー」弁護士の記者会見、「取材申込殺到」で急遽中止

   歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが顔などを殴られ大怪我を負った事件について、海老蔵さんと同席していたとされる元暴走族のリーダーの代理人弁護士の記者会見が急遽中止になった。今後、別の日時・場所で会見を開くかどうかは不明。

   記者会見を取りやめたのは、元暴走族リーダーの代理人をつとめる藤本勝也弁護士。予定では2010年12月16日夕方に東京都内の司法記者クラブで記者会見を開くことになっていたが、前日の15日夕方、中止の連絡が入った。

   会見の中止は、司法記者クラブの幹事社である毎日新聞社から、各報道機関に伝えられた。ニコニコ動画に送られてきたファクスには「明日の司法記者クラブでの藤本弁護士の会見は、中止となりました。取り急ぎ、ご連絡させていただきます」と記されている。

■ 記者会見座席数の「数倍」のオファーが殺到

   また、記者クラブの中止発表から約1時間後、藤本弁護士から「記者会見延期のお知らせ」と題するファクスが送られてきた。そこには、中止に至った理由が次のように記載されていた。

「予定したクラブのレクチャールームは、椅子が25席、立ち席はないが、空間にカメラを入れたりで、50人に満たない人数しか入れないところ、これに数倍するオファーがあり、記者クラブとしては、パニックとなり、対応できない、一度受けておいて申し訳ないが、キャンセルしたいとの申し出を、本日、5時46分受けました」


あわせて読みたい

ニコニコニュースの記事をもっと見る 2010年12月15日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。