仕分け人・岩瀬大輔氏「議論前進した」規制仕分けに一定評価

仕分け人・岩瀬大輔氏「議論前進した」規制仕分けに一定評価

 政府の行政刷新会議は2011年3月8日、国の規制・制度改革を推し進めることを目的とする「規制仕分け」を行い、2日間の全日程を終了した。これを中継したニコニコ動画では「検証!規制仕分けは成功したか?」と題した番組を生放送し、番組の出演者がユーザーとともに「規制仕分け」の総括を行った。議論では規制仕分けに対し「論点の新しいものが出ていない」「パフォーマンスだ」という批判があった一方、ライフネット生命保険副社長で民間仕分け人として1日目の「規制仕分け」に参加した岩瀬大輔氏は「批判一辺倒の議論は止めて、やれるところからやっていくべき」と、規制仕分けに対して前向きな姿勢を示した。

 規制仕分けについて東京新聞論説副主幹の長谷川幸洋氏が「今回の仕分けは細かい。農業の株式会社参入規制や労働規制の話など他に話し合うべきことはある。たとえ規制仕分けで結果が出ても、予算案を変更させるほどのものが入っていないのが現実」と、規制仕分けの影響力の小ささを批判。元経産省官僚で政策工房社長の原英史氏も「省令というもので禁止していることが問題。なんで国会ではなく役所で決めてしまうのか」「とりまとめで『検討する』という話にしかならなかった。検討するという状態はこれまでずっと続いている」と規制仕分けの問題点を指摘した。

 その一方、岩瀬氏やケンコーコム株式会社社長の後藤玄利氏は規制仕分けでの議論に可能性を見出している。岩瀬氏は「現場を見ると、規制側も改革側もよく議論をしていた。前進できた部分もあったと思う」と一定の評価をした。また、後藤氏は「これまでの討論では、エビデンス(証拠・根拠)がないのに規制を見直す必要がないというものであったが、ちゃんと議論できるようになった。厚労省の役人の能面が剥がれたのが見えた。それが前進だった」と前向きな考えを示した。


あわせて読みたい

ニコニコニュースの記事をもっと見る 2011年3月8日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。