小沢一郎氏、国民を守るため「いまを生きる政治家が決断しなければいけない」

小沢一郎氏、国民を守るため「いまを生きる政治家が決断しなければいけない」

 小沢一郎元民主党代表は2011年4月16日、「ネットメディアと主権在民を考える会」が主催する座談会に出席。「この国難を乗り切るためには、小沢さんがリーダーとして国を引っ張るべきでは」との質問に、「ここで何もしないのは、後世の日本人からの批判に耐えられない。私は政治家である以上、そういう方向に向かうべきだと思っている」と語った。

 「ネットメディアと主権在民を考える会」は、大手メディアの発表に対し、庶民の武器であるネットメディアを駆使して真実を追求しようとする有志の会。今回は「世界中で注目される政治家のひとり」として、小沢一郎元民主党代表を招き、質問を投げかけた。なおこの模様は、ニコニコ動画で生放送された。

 座談会では福島第1原子力発電所での事故に関連し、ニコニコ動画の視聴者からの「現内閣でこの国難を乗り切れるとはどうしても思えません。小沢さんとその仲間にも与党として責任があると思います。そして、その責任のとり方は、小沢さんがリーダーとして国を引っ張ることではないでしょうか。福島(第1)原発の最終収束まで10年、20年かかるわけで、政権交代の政治空白など取るに足らないものだと思います。いかがでしょうか」という質問が、参加者である市民によって代読された。

 すると小沢氏は「最近の心境としては、自分自身のことや民主党政権うんぬんというレベルではない。本当に国民の命と生活を守るためには、そうしたことを越えて、今を生きる政治家が決断しなければいけない」とし、

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。