「魚の腐敗臭どうにかして」 被災地・石巻で「魚回収プロジェクト」始動

「魚の腐敗臭どうにかして」 被災地・石巻で「魚回収プロジェクト」始動

 東日本大震災の津波によって陸上に流され、放置されたままになっている魚を回収するボランティア・プロジェクトが2011年5月2日、宮城県石巻市伊原津地区で始まった。この"FISH"プロジェクトの担当者は「今回がモデルケースとなればいい」と話しており、全国的にも珍しい試みだ。

 沿岸部に近い石巻市伊原津地区で深刻な問題は「におい」だ。5月3日、記者が同地区を訪れると、タイやサケ、マグロなど、いくつもの魚が道路や家屋の中に散乱していた。沿岸部に近い同地区では、3月11日に発生した震度7の地震による津波の影響により、魚の冷凍工場や水産加工品の工場で保存されていた魚の多くが流されたからだ。震災からまもなく2ヶ月が経つにもかかわらず、管理する人のいない広場や道路では廃棄が進まず、今でも吐き気を催すような腐敗臭が一帯を覆っている。

 そこで、道路や広場などに放置されていた魚を回収するボランティア活動が5月2日、3日の2日間、実施された。現在、石巻専修大学を拠点に活動をする国際交流NGO団体・ピースボートが中心となって取り組んでいる。

■「魚を拾うボランティア活動は初めてではないか」

 「魚の腐敗臭をどうにかして欲しい」。以前からあった伊原津地区住民からの要望をピースボートが受けたのは4月30日。その2日後にプロジェクトは開始された。プロジェクトのリーダーを務める左座進介さん(26)は、「5月1日に伊原津地区の自治会長と現場の下見をして、あまりの悪臭に驚いた。ピースボートは人数的に余裕があったので、力になれると思った」という。


あわせて読みたい

ニコニコニュースの記事をもっと見る 2011年5月4日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。